前へ
次へ

不動産売却するには2種類の査定が必須です

自分が住んでいる家を買い替えたい、不動産を現金化したい人もいるでしょう。不動産売却したい時は不動産会社のプロに相談します。不動産売却する時は会社側が物件を査定することは欠かせません。査定することで物件の市場価値が出て、不動産売却できる額がわかります。査定はまず簡易査定と呼ばれるものを行います。物件の価値や立地条件などを調べて機械的にはじき出します。最近はウェブからでも簡易査定ができるようになりました。複数の会社から査定したいなら一括査定サイトを利用しましょう。登録は簡単で無料で行えるので不動産売却時に活用してください。次に担当スタッフが実際に訪問する訪問査定があります。不動産売却する物件を室内・室外しっかり見て判断します。周辺環境(騒音の有無や治安の良さなど)も確認し査定額を出します。これで希望者が来た時の印象も把握することができます。簡易査定はある程度の金額を知れますがあくまで参考の金額です。不動産売却の正確な金額を知りたいなら訪問査定の方がより詳しく分かります。

Page Top