前へ
次へ

一定の事業のために不動産売却をしたとき

昔住んでいた場所が再開発などで一変する様子を見るときがあります。その後に住む人にとっては利便性などが良くなるのでしょうが、再開発地域においてはそれ以前に住んだり事業をしている人もいたでしょう。再開発においては国などが行うときがあり、やむなく不動産売却しなければいけないときもあります。一定の事業のために不動産売却をするとき、通常よりも高い相場で売却できるケースがあります。高く売れればその分お金もたくさん入り、次の住宅の費用に充てられるでしょう。しかし不動産売却をしたときに大きな利益が出ると税金も多くなりそのために購入費用に充てるお金も減るかもしれません。不動産売却が一定の事業のために行われるときには事業によって一定の特別控除が受けられます。つまり高く不動産売却ができる上税金もあまり高くならない仕組みです。これにより不動産売却後に次の住宅の取得がしやすくなるのでしょう。事業によって受けられる控除額が異なるので、税理士に相談した方が良さそうです。

Page Top