前へ
次へ

不動産売却の時にかかる費用は何か

不動産売却のときには、費用がかかります。一体どのような費用が不動産売却の時にかかるのでしょうか。不動産売却の時にかかる費用の1つは、仲介手数料になります。通常不動産売却のときには、不動産売却業者に対して仲介手数料を支払うことになります。不動産売却時の仲介手数料の相場は物件価格の3%です。例えば不動産売却をする場合、その金額が30000000円だとします。するとその3%である900000円ほどを不動産会社に支払うことになるはずです。この大きな金額に対して、不満を感じる人もいるかもしれません。その場合は、不動産会社を通じずに不動産売却をするのが良いでしょう。この場合は知っている人に売却をするなどの方法があるため、全くできないわけではありません。ただ、書類の作成等は非常に面倒な部分もあるため、それらを考えるとやはり不動産会社に依頼した方が良いともいえます。どちらが良いかは、自分の経験などから判断するのが良いかもしれません。

Page Top